健康管理について

禁煙サポート

タバコの煙には多くの有害物質が含まれており、喫煙者本人だけでなく受動喫煙により周囲の人にも影響を及ぼすと言われています。
自分ではなかなか続かない禁煙も、医師のサポートや離脱症状を緩和する薬剤を使用すれば成功の確率はぐっと上がります。

内容

「禁煙外来」にかかった治療費の一部を補助します。

終了までかかる費用は12,000~20,000円程度(保険適用)

対象者

以下の要件を満たす当健保組合の被保険者及び被扶養者

  • ・禁煙治療の「保険適用条件」を満たしている方
    • ①スクリーニングテスト(下表)で5点以上であること
    • ②直ちに禁煙することを希望していること
    • ③禁煙治療を受けることを文書により同意していること
    • ※35歳以上は、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)200以上が条件に追加
  • ・治療開始から終了までの間、被保険者および被扶養者の資格を有する方。

スクリーニングテスト
(はい1点、 いいえ0点)
問1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3 禁煙や本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。
問8 タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現している状態。
問9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

補助金

5,000円(上限)

医療機関

保険適用の医療機関情報(一般社団法人日本禁煙学会)

申請方法

「禁煙外来補助金支給申請書」に必要事項を記入のうえ、以下の書類を必ず添えてご提出ください。

  • ①保険医療機関発行の領収書(原本)
  • ②診療明細書(原本)

注意事項

  • 1.治療を中断した方は支給対象となりません
  • 2.補助金の支給は1人年度内1回限りとします

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.